妊娠期のおすすめ

ベビーオイルで妊娠中の簡単乳頭(乳垢)ケアの方法

妊娠したときにふと前よりふっくらしてきた胸をみると、乳首や乳輪付近に何か白いものが詰まっていた!という経験ありませんか?!

色々調べたところ、これは乳カス(乳垢)というらしいことが分かりました。

私自身、結構妊娠の早い段階から乳首が湿っぽくて、なんだか匂う時があったんです…。

匂いもあるので何とかしてケアしたいと思い今回は、

  • 切迫早産気味であまり刺激をしたくない
  • 簡単にケアできる方法が知りたい

という方のために、簡単にできる乳垢のケアの方法をまとめていきます!

ちみみ
ちみみ
母乳ケアの本などを参考に実際に私もやってみた方法になるので、参考にしてみてください!

赤ちゃん用品の準備には、Amazonベビーレジストリに登録してお得に育児用品をそろえましょう!

\登録無料!10%オフも/

登録方法詳細はこちら>>【2020年版】Amazonベビーレジストリの登録や出産準備お試しboxをもらう方法

【2020年版】Amazonベビーレジストリの登録や出産準備お試しboxをもらう方法出産を控えたプレママや出産後のママはAmazonベビーレジストリに登録が絶対おススメ! 妊娠して、出産を控えるプレママ・パパさんに...

乳垢(にゅうこう)とは?

そもそも乳垢って何?と思って調べました。

「乳垢」は母乳が白く固まったものだそう。

妊娠中なのに母乳??と思ったら妊娠すると、「プロラクチン」という女性ホルモンが生成され、出産後の授乳に備えて体内で母乳を作り始めます。

それと、同時に「プロゲステロン」という女性ホルモンも分泌され、母乳が外へ出るのを防ぐ働きをするそう。

ちみみ
ちみみ
 母乳はできるけど、母乳が出るのを阻止され角栓のようにたまったものが「乳垢」っていうことなんですね。

ちなみにこの『乳垢』は人によって

  • 白いカスのような塊の場合
  • 油っぽい液状の場合

があるようです!

ちみみ
ちみみ
 それでは正体が分かったところでケア方法を見ていきましょう!

妊娠中に簡単にできる乳頭ケア/コットンパック!

簡単にできる乳頭ケアの方法としては、お風呂の前にコットンにオイルをしみこませてパックをする方法になります。

こちらの本を参考にしています!

乳頭ケアに必要なもの

用意するものはこの3つだけです!

  1. ラップ
  2. ベビーオイル
  3. コットン
NEWクレラップ ミニミニ 15cm*50m(1コ入)【ニュークレラップ】

ラップは家にあるもので大丈夫ですが、幅15cmほどの小さいものがあると使い勝手がいいのでおススメ。

ベビーオイルは妊娠線予防にも使っていたものになります。

馬油などのオイルもよいと本に書いてありました。

コットンは手持ちのもので大丈夫ですが、無印良品のはがせるコットンが幅が大きくて、はがして使っても十分なのでおススメです!

乳頭オイルパックの方法3ステップ

オイルでパックする方法もたった3ステップで簡単です!

お風呂に入る30分前にセットしましょう✨

①コットンをラップの上に置く

無印良品のはがせるコットンは薄く剥がした状態のものでOK!

②コットンの上にオイルを2~3適たらす

写真のように乳輪回りにオイルがいきわたるくらいでOKです!

1プッシュもいらないくらいで大丈夫です!あまり多くつけすぎると、下着などをオイルで汚してしまうので要注意。

③パックして30分ほど置いておく

最後に、オイルが染みた部分が乳頭につくように胸にセットします。

こんな感じで、貼り付けたらそのまま下着をつけてホールド。

30分経ったら、外して後はお風呂に入る際にいつも通りやさしく洗うだけでケア終了です!

 

スポンサーリンク

妊娠中の乳頭ケアの方法まとめ

乳頭ケアの簡単な方法をまとめましたがいかがでしたか。

家にあるものでさっとできるので、

  • 妊娠中で乳垢が気になる方
  • 妊娠中で母乳のためのケアをこれから始める方

は是非試してみてください。

参考になれば嬉しいです✨

参考にした本

ベビーオイルは妊娠線予防にも活用できます>>【コスパ最強】妊娠線予防クリームは高い!使ってよかった代用品3選!

【コスパ最強】妊娠線予防クリームは高い!使ってよかった代用品3選!初めての妊娠でいろいろ調べていくなかで『妊娠線』は1度できると消えないのでケアが必要ということを知りました。 妊娠線ケア用品を調べ...
ちみみ
ちみみ
ツイッターではブログ更新情報を発信中!
気になる方はちみみ(@memolanever)をフォローしてね★