記事の説明文または概要。
家計簿・節約

【結婚式の節約】装花・ブーケを素敵に注文

結婚式のドレスも決まり打ち合わせの中盤くらいになると、いよいよ装花やブーケなどのお花の打ち合わせが入ってきます。

結婚式のお花はすごくかわいくて特別感があって、いつも結婚式に参列するとお土産にもらえるのを楽しみにしています。

ちみみ
ちみみ
 しかし、開催する側になると途端にシビアな感じになってきます。

というのも、とてもお高いからです!!

結婚式に使用されるお花は、汚れやしおれなどがあってはいけないので、余分に準備してそのなかから良い物を使用していくから高くなると聞いています。

それにしたって普段の生活をしているとたかいな~と感じてしまうんですけどね。

お花に関しては会場によるところも多いので、まずは私の式場の話をしたいと思います。これから同じ式場で挙げる方の参考になれば嬉しいです。

結婚式場

古びた窓枠と植物

私は、ラ・バンク・ド・ロア(la banq do loa)という会場で上げました。

昔の銀行を結婚式場に改装してできている会場で、横浜市の指定有形文化財にも指定されている建物です。

とても内装もクラシカルでオシャレで、1棟貸切ができるのも魅力でした。

1日3回挙式の時間帯があるのですが、私が挙げた日には私たち以外に挙式をする方がおらず、1日1棟貸切ができるというなんとも贅沢な式になりました。

お花の打ち合わせの流れ

ココでのお花の打ち合わせは、カラードレスの色が決まってからになります。

大体、式の2ヶ月前くらいにフローリストの方と打ち合わせをします。夫はこだわりがなかったので、私だけで打ち合わせに行きました。

まずは、テーブルコーディネート(テーブルクロスとフキンの色)を決めてその後、ブーケと装花の打ち合わせです。

パックプランのお花(ブーケ・ブートニア)

ブーケとブートニアに関しては3万円分が既にパックプランに入っていたので、そのプラン分をどうしたいかの打ち合わせになります。

基本の3万円では、『クラッチブーケ』か『ラウンドブーケ』を作ってもらえます。

ティアドロップ型やキャスケード型になるとそれぞれ1万円~3万円程プラスで払います。お花の指定などがあるとプラスになる場合もあるので相談してみてください。

私は、挙式と披露宴のウエディングドレスの時に持つブーケを頼んだのですが、正直すごく迷ってしまって。

いくつか写真をまとめたものもプリントアウトして持って行ったのですが、特にこういうのがというのもなかったので、雰囲気で感じ取ってもらうような感じになりました。笑

あまりどういうのがいいというはっきりした希望がない時には、

形、葉っぱの量、色の好み、嫌いな雰囲気

このあたりをお伝えすればいい感じに作ってもらえました。相手はプロなので!笑

特に私はブーケに嫌いな雰囲気があったのでそれをお伝えしたところ、そういうことを言っていただけると助かります!と言っていただけたこともあったので、こういうのは好みじゃないというのを伝えるだけでもいいと思います。

ちなみにこんな感じになりました。

 

プチ節約

実はラウンドブーケよりも少し垂れたタイプが持ちたいなと思っていたので、ティアドロップにしてもらおうと思っていました。追加料金になってしまうと思ったのですが、ほんの少し垂らした形にする分には追加はかからないとおっしゃっていただけたので、プラン内で理想の形のものにしていただけました。

パックプランのお花(会場装花)

「風に揺らめくコスモス」

パックプランには、ゲストテーブルのお花と高砂のお花も入っています。なのでゲストテーブルが増えてもプラン内であれば追加料金がないのが良かったです。

私はゲストテーブルはプラン内で、フォトラウンドをするつもりがなかったので高砂に追加して作ってもらいました。

高砂もイメージの写真を持って行ったらそのボリュームだと+15,000円ですという感じで値段を教えてもらえます。

その値段設定も結構リーズナブルだ感じで、できばえもとても満足でした!

ゲストテーブルはプラス分に関してはテーブル数分かかってしまうので、ここは節約をしました。ただ、さみしい感じになってしまうのは嫌なのでできる限りボリュームがあるように配置だったりで工夫してもらえるかお伝えしていました。

結果こちらも満足できるくらいのお花があったので、よかったです!

2次会にもしっかりもっていけて、帰りにゲストにも十分配れる量でした。

参考までにこんな感じです。

 

 

カラードレスのブーケに関して

カラードレスのブーケに関してはどこかで外注して持ち込んだ方が安いと思ったので、式場には頼みませんでした。

ブーケの持ち込みは持ち込み料が3,000円かかるため、そこは初めに確認して契約の際に持ち込み料はナシにしてもらっていました。(ちゃっかり)

できればどちらかのブーケは残したいと思っていたので、ドライフラワーかプリザーブドフラワーのブーケにしたいなと思って探していました。

インスタグラムで卒花さんが持っていたドライフラワーのブーケがすごくかわいかったため、購入先をしらべたらBRAMBLY(ブランブリー)さんの作品で、こちらで注文出来ることがわかりました。

wedding flowers & arrangement BRAMBLY(ブランブリー)

すぐ予約がいっぱいになってしまため早速連絡を取りました!

連絡を取ってみたら、私の式の日取りなら受注を受けてくださるということで半年以上前だったと思いますが、予約を取りました。

カラードレスもまだ決まっていない段階だったので、『ブーケの色などは決まってからお伝えするでも大丈夫』ということだったのでお言葉に甘えてそうさせていただきました。

ちみみ
ちみみ
 折角なので、家に飾りやすいリースブーケにし、お揃いのブートニアとヘッドパーツも注文しました 

ドレスのお写真をお送りして、実際に届いたものがこちら!

 

View this post on Instagram

 

BRAMBLY YUKOさん(@brambly_)がシェアした投稿

 

か、かわいい。

こんなのどうしたら作れるようになるんだろう…と、思わず溜息がでてしまいそうでした。インスタグラムに色々な作品が載っていますので、見ているだけで楽しくなってしまいます。

結婚式後もリースはお部屋に、ヘッドパーツはたまに、友人の結婚式などでも使用しています。

ちなみにお値段は

  • リースブーケ  18,500円
  • ブートニア 2,500円
  • ヘアパーツ 8,000円
  • 消費税 2,320円
  • 送料 1,540円

—————————-

計 32,860円

—————————-

ヘッドパーツまで頼んでこのお値段なのでお値段的にもとても満足でした!

おわりに

「赤い花束を持ち砂浜を歩く女性の後ろ姿」[モデル:Mizuho]結婚式のお花は会場の雰囲気を左右するものの割に、会場の装花に関しては当日までどうなるかわからないので打ち合わせでイメージをしっかり伝えられるかが重要になります!

当日素敵なお花に囲まれて楽しく過ごすためにも、この私の経験参考になればと思います。