記事の説明文または概要。
家計簿・節約

これから結婚式を考えている方に 節約と貯金と

こんばんは、ちみみです。

 

最近私のこれまでの人生の中で一番の大きな買い物をしました。

それは、、、、そう、結婚式です!

 

何百万という単位でお金を一括で使うことなんていままでなかったので、

非常に神経質になりました。

 

元々私はお金を使うこと自体に結構抵抗があり、買い物なども結構迷ってしまったり、

飲み会に行くのもお金がもったいないな~とか思ってしまうような感じで生きてきました。

なので、本当に結婚式の時はお金のことで心底悩み、いろいろ検索したりしました。

 

結婚式にはお金がかかるから~と思っている方もたくさんいると思うので

そんな、けちけちしている私がここぞという結婚式で節約した部分とお金をかけた部分を自分の経験と調べたことを含めて紹介できたらと思います!

 

 

ちなみに私が結婚式を挙げた場所は横浜!

都内にも負けず劣らずのなかなかのいい値段のする地域です。

 

もともと私と夫の地元は関東ではなく、それぞれの出身は東海と東北でした。

準備も色々あることだし、現在勤めているところや友人のことを考えて横浜での挙式にしようと式場を探し始めたのが5月頃でした。

 

右も左もわからず、とりあえず横浜に憧れの強かった私は、ザ・横浜という感じのするみなとみらいでやりたい!!という思いだけでまずブライダルフェアに行ってみようと思い立ち何件かピックアップしてマイナビウエディングを経由して申し込みました。

 

そこで一番初めに行ったのがアニヴェルセルみなとみらいです。

友人の結婚式すら1回しか言ったことのなかった私は、当時は本当に何にも知らず、結婚式場ってこんなにすごいのかーーー!と感動しました。

行った友人の式場はホテルの中だったのもあり、専門式場がこんなに非現実的な感じなんだと、とてもわくわくしたのを覚えています。

しかし、あとからこの舞い上がった気持ちが本当に間違いだったことに気づきました。

 

1件目の式場見学をアニヴェルセルみなとみらいにした際には、1件目の見学者専用の担当者というものがつきました。

この担当者というのがまた手練れで、冷静になってみれば本当に営業上手!って思います。

 

どんなもんかな~と思ってこちらも行ったもんだから、何も考えていなく、

招待人数や希望の時期なんかをきかれたり、どんな式が希望かときかれたり、何一つ考えていない!!けど、聞かれるがまま誘導されるがまま、なんとな~くな80人で寒いのは嫌だから来年の春くらいって感じで答えてしまいました。

 

また、好みもなかったのでいろんな雰囲気のバンケット(会場)があっても、どれがいいとかわからない、どれもいいよという感じで、意気込んでいった割には最初から決めること多くてもう旦那任せ。

私は結構優柔不断でしょっぱなからいろいろ聞かれてストレスなこと極まりなかったです。

 

そして、見学が終わり、見積もりも出してもらって、日程の空いているところとかを教えてもらったのですが、

これもまたお上手で1年くらい先なのに、春だとここしかもうあいていませんでした!!(今思えば本当に?と思いますが)と言われ、仮予約とかはできなくて、今押さえないと埋まっちゃうかもしれません。。。

みたいな感じで急かされました。

 

何かその時はどこにこだわりを出せばいいかもわからず、会場自体は素敵だと思ったこともあり、じゃあ、、、と契約してしまいました。

特に交渉などもせず。交渉した方がいいとは友人に言われていましたが、え?どうやってという感じと、なんか色々ごねたり、がっつくの恥ずかしいという思いでまあいいかと。

 

しかし、帰宅後発揮する優柔不断さと貧乏性と調べるのが好きな体質がたたり、

即座に口コミネット検索、インスタグラムで確認をしたところ、

大手の式場ということもありでてくるでてくるいろんな情報、そしてそれに一喜一憂。というか全憂。

まず費用、みなとみらい周辺でも抜群に高いことを知り、見積もりに入っていない費用がどんどん掛かることも知り、それらを計算していくと費用面でこんなに結婚式に払えない!!と思うようになりました。

 

そこでひとまずとったのが他の式場にもいくことにしたことと、

契約1週間以内なら、日にちの変更は後倒しも無料だったため、他の安くなる、空いている日程を聞きそちらに変更。

これにより、特典としてあった12000円引き→16000円引きになりました。

90名で見積り作っていたので、日にちを変えただけで36万円の値引き。

ちなみに春に一番最安値だったのがゴールデンウィーク中の仏滅、もしくは仏滅の日曜日で、遠方からの来客が多くなりそうだったのでゴールデンウィーク中を選択。

4月から5月の挙式に変更しました。

仏滅は親が避けてほしいといっていましたが、私にとっては仏滅だろうがなんだろうが関係ないと思っていたのでそれで36万円も安くなるならそっちでしょと思い、そこは躊躇なく変更。

このことは、親にいったらそれはそうだ!となり問題なかったです。

 

契約後の値引きができるのかという点に関しては難しいという意見がネット上多かったのですが、私もやってみましたがやはり難しかったです。

日程をずらすことでしか値段を下げられませんでした。

 

ただ、実は契約後に値下げをできたことがあるので、

それは別の記事で掛けたらと思います。

 

長くなってしまいましたが、ひとまずまとめます。

1番初めに式場見学に行くのであれば心得ていた方がいいことです。

 

式場見学に行く前に決めておくとよいこと

・大体の人数は決めていく

・時期を決めていく

・予算を決めておく

・譲れない部分の優先順位をつけておく

 

です。

ここの会場がドンぴしゃ!これ以上はない!

と迷う余地がなければ契約してしまってもいいと思います。

ただ、優柔不断なかたは一度思いとどまるのはありだと思います。

なにしろこれまでの買い物とは桁が違うので。笑

 

それではまた、今度続きを書きたいと思います。

ばいばーい♪