記事の説明文または概要。
英語

英会話のイーオン(AEON)に通い始めて半年経過

 

6月にAEONに入会して早くも半年たちました。

私は一般教育訓練給付制度を利用して

週2で8か月のコースで通っています。

 

一般教育訓練給付制度とは、一定の条件を満たしている会社員の方が、厚生労働大臣指定の「一般教育訓練給付制度対象コース」を受講し、修了後に申請すると、実際に本人が支払った教育訓練諸経費の一定割合がハローワークから支給されるものです。

初めてご利用の方は雇用保険加入期間が満1年以上、2回目以降ご利用の方は雇用保険加入期間が満3年以上(「支給決定日」の翌日から)で、最大10万円(学費の20%)が戻ります※。※受給には一定の条件があります。

 

 

4ヶ月で30回レッスンを受けるで1冊のテキストが終わります。

受けられなかった授業がある時は4カ月後にとることになります。

今は2冊目の8回目が終了しました。

 

半年の取り組み方

この半年間、授業には8割ほど受講できました。

週2で通っている方の中ではしっかり来れている方という評価をいただいています。

 

この半年間での私の取り組み方ですが、

・テキストにある会話のディクテーション10~15回音読

(イーオンネットキャンパスを使用)

・テキストの予習(穴埋め、文章作成)

・ワークブックの予習

・構文練習帳を使った会話の練習(5~8周)

 

これらを授業の前までに予習してから授業を受けています。

この内容をやっていってるので、

ついていけなくて授業中に困るということは今のところないです。

 

半年通ってみての英語の上達具合

みなさん気になるところかと思いますが、

英会話に通っていて私が感じている英語力の上達具合としては、

リスニング力、英作文の瞬発力、発音、英語を話すという度胸

この能力は半年前よりもかなり伸びていると感じます。

 

逆にもっと自己学習が必要な点は

語彙力、速読力です。

 

英会話教室にかよっているので当たり前かもしれませんが、

会話に関する能力は確実に力がついてきたことを感じます。

 

ただ、現状インプットが文法だけになっているため、

話そうということはあっても、単語がすぐ出てこない、

どういった文法を使ったらいいかという骨組みはわかるのに

なんて言ったらいいかわからないという

もどかしさも同時に感じるようになりました。

 

 

英会話だけではやはり限界があるので、

単語のインプットもやっていきたいと思います。

 

とりあえず、TOEICを受けるので

金のフレーズ始めました。

 

オンライン英会話との比較

ちなみに私はオンライン英会話もやっていたことがあります。

前の会社の福利厚生の一つとして

1ヶ月20回(1回25分)Skypeを使った英会話を4か月受講していました。

先生は全員フィリピン人です。

(価格は3万~4万円くらいだったきがします)

 

テキスト(トピック)がありそれに沿って英語を話すものでしたが、

話していても文法があっているのかもわからないし、

会話をしていても結構先生が汲み取って話をしてくれたりして

上達を感じるのが難しかった記憶があります。

 

これは 好みがあるとおもいますが

私は今のイーオンで受けているラウンドアップレッスンのような

文法の勉強をまずしっかりしてから、

それを使用した会話を練習するという流れの方が

しっくりきていて身になっていると感じました。

 

画面よりも対面で会話できる方が楽しいですしね!

 

 

そんな感じで後3ヵ月頑張っていきたいと思います!