記事の説明文または概要。
日常

ゴールが決まりました

こんばんは、ちみみです。

今週も1週間おつかれさまでした。

今週を振り返ってみるとなんだか、いっぱいいっぱいで自分の立てた

英語と投資の勉強計画が全然こなせていませんでした。

今週できたことは本屋に行ったりコツコツとメルカリを活用して、読みたい本を集める程度です。時間の使い方をもう少し考えていかないといけないなと思っています。

 

 

唐突ですが、

先週会社で絶望的なことがあり、あ、ここにずっといちゃだめだ。という意思が強くなりました。

やっぱり会社勤めに向いている性格、向かない性格ってあるのかなと最近思えてきました。

今までも、会社員に向いてないといわれることがありましたが

漠然と「そんなことないもん!」とおもってました。笑

みんなが普通にできていて、自分にできないなんて思いたくなかったのかもしれません。

 

私は、頑固なのか、自分が違うと思うことは受け入れられないというかそんな性格で、上司が黒といえば、白い物も黒になるみたいなものがまだ受け入れられません。

でも、普通の人はどこかでうまく折り合いをつけてできるということでした。

そんなわけで、会社で仕事をするのはとても過ごしずらいな、、、と思っています。

とりあえず、会社に勤めて丸3年ようやく、会社員には向かない性格だということを自覚しはじめました。

 

それでですね、最終目標はやっぱり『研究者』にしたいと強く思いました。

一生会社員としてすごさない!!今は稼ぐ力も知識もないので、それを蓄える時期。

そう思うことにしました。

うまくいかないことで、ここ3年間はずっと焦りを感じていました。そんな焦りすぎる考え方を少しでも前向きに、前に進んでいると思えるように、いまは成長のために基礎固めの時期、、、こういう考え方で行こうと思いました。

 

正直大学時代の友達で私が目指していた仕事をしているひともいます。

大学院を出ているのでメーカーで研究者をやってる友達は多いです。

そのことを考えると、すごくつらくなるし、就活で失敗した思い出や、会社で人間関係がうまくいかなくて転職して研究職を自ら手放してしまった後悔があふれ出てきます。

振り返ってみれば浅はかだったなと思うこともあります。

でもそれでも、そのおかげで今、自分の中で本当に生涯をかけて目指したいものが決められたと思うと、この回り道な経験も無駄ではないのかなと思います。悔いの内容に、納得のいくように、人に誇れるように、最後にそんな生き方ができたと思える人生にゆっくり時間をかけてしていきたいです。

 

今回は決意表明ということで。